小児医療を受けるための最低限親に理解してほしいこと

ビル

小児科の医療を受ける上で両親や祖父母の付き添いの方に理解してほしいことがあります。
子供が泣くのが嫌だからと言い、診察前に飲み物や食べ物を与えてしまう保護者の方がいます。
診察を受ける上で、危険なことになります。
経験がある方もいるかとは思いますが、口腔内や喉の様子を見るために舌を抑えることがあります。
子供では理解できず、暴れてしまうことも少なくありません。
そのタイミングで嘔吐をしてしまう子もいます。
また、冬の時期ではインフルエンザやRSウィルス、アデノウィルスなどの検査のために、喉や鼻腔に綿棒を奥まで入れることも多くあります。
その時に保護者が診察前に飲み物や食べ物を与えてしまうと、嘔吐を誘発しやすくなり、誤嚥を起こしやすくなってしまいます。
このことで、体調の悪い子供をより苦しめてしまうことになります。
ですから、小児科の診察前には必ず、飲みものや食べ物の摂取はお控えください。
そして、何かある時には必ずスタッフに相談をしてから、飲食を行うようにしてください。
医療を受ける前の子供のことを考えているのは医療者も保護者と同じですので、ご理解ください。

サニーライフ有料老人ホーム サニーライフ大阪平野の基本情報

大坪律己
得意なプレー:サイドからトッバし、切り込んでからのシュート、目標・夢:国立のピッチに立ち、大観衆の中で全国制覇を成し遂げ、一人も欠けずに笑顔で卒業そのためには、一日一日の練習を大切にしていき、何でもこなしていきたいと思います

ブレインアカデミー
株式会社ブレインアカデミー の求人・仕事

ビル

関連情報一覧

医療機関で検診を受ける重要性を実感しました

先日、医療機関で初めて子宮頚がんの検診を受けました。
気になる症状があったので婦人科を受診した

毎月欠かさず受診している医療機関があります

これまでたくさんの医療機関のお世話になってきましたが、特に頻繁に受診しているのが歯科クリニックです。

街の医療が充実すれば患者も助かります

街の医療が充実すれば日本は完全に健康な国になりますが個人的に言えばやはり私自身は今の医療はまだまだか

医療費が増え続ける背景とは何か

日本の医療費は四十兆円ともいわれるぐらいの医療があると言われますが本当に患者にとっては耳の痛い話でし