医療

ビル

医療機関で検診を受ける重要性を実感しました

先日、医療機関で初めて子宮頚がんの検診を受けました。
気になる症状があったので婦人科を受診した際に、ドクターに勧められて受けることにしました。
詳しい話を聞いてみたところ、偶然にも私の年齢の人には子宮頸がん検診の無料クーポン券が配布されているため、費用を負担することなく検診が受けられることがわかりました。
せっかくの機会なので、その場で予約を入れて帰宅し、後日無料クーポン券を持って受診しました。
子宮頸がん検診は痛いと聞いたことがあったので不安に感じていましたが、事前に看護師さんがリラックスしていれば大丈夫だとアドバイスしてくれたので、緊張することなく受けることができました。
幸い、検査の結果に異常はありませんでした。
ただ、小さい子宮筋腫が4個あるということで、1年ごとに検査をして大きさの確認が必要だという説明を受けました。
もしもこの検診を受けていなければ、子宮筋腫があることに気がつかず過ごしていたかもしれません。
このことをきっかけに、定期的に医療機関で検診を受けることの大切さをあらためて感じました。

ビル

関連情報一覧

医療機関で検診を受ける重要性を実感しました

毎月欠かさず受診している医療機関があります

街の医療が充実すれば患者も助かります

医療費が増え続ける背景とは何か